何故あなたはそれをやっているのか?

本日、とある方と話していたら、ついつい熱が出てしまい、熱く暑く、厚く語ってしまいました。(笑)そうしたら、こう言われました。

「カワイさん、カワイさん。どうして、そんなにこの事業をやりたかったんですか?」

この質問に対して、過去何度も明確な答えを出せていなかったのですが、ようやく出せた気がしました。

「それは今の形式にしてリリースして運用してみてわかったことがあったからです。まず、作家さんはみんな二次創作プラットフォームに上げたくないと思っていて、でも発表の場が少ないので、仕方無しに使っていたと。でも、うちはオリジナルか古典なので、上げやすかったと。そして、そこに上げてくれる作家さんたちは皆、いい人。この人達に金銭面で苦労させたくないじゃないですか。だから、お金を稼ぐための場となったら良いなと。そもそも、僕が作ろうとしていたのはツールでした。たまたま別の人の知恵が入って今の形になりましたが、今の事業を継続したい気持ちは、作家さんがついてきてくれるからです。もう裏切れないし、どんなことがあってもサービスだけは維持したいので。」

結構素直にペラペラ喋れたなと思います。

これは嘘偽りのない今の言葉です。ようやく、真実を伝えきれたなと思って、ようやく満足できました。気分的に支えていたものが全部取っ払って、ホント良かったです。スッキリ!(モヤッとの球は投げない)

重要なのは、

1:オリジナル作品の披露の場であること
2:ファンが作れること
3:マネタイズが出来ること

だと思っています。他のサイトが趣味サイトならば、うちはお金を生む本番のサイトです。ある意味、メジャーもインディーもごちゃまぜでガチの戦いが繰り広げられたらすごく面白いと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると、大変助かります。StoryAIの完成にまた一歩近づきます。

ありがとうございます。

クロスリバ株式会社

未来に語り継がれる、良き物語が 生まれる続けるように Story x Maschine = WoW1?  Storyアナリティクス「StoryAI」

アーカイブ

過去のブログ記事の一覧です。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。