アーカイブ

17
ノート

みずほ銀行が有力ベンチャーへ支援と融資を打ち出す

みずほ銀行が創業間もない企業への支援を強化している。成長が見込める企業約400社を発掘し、3月末までに100億円を融資した。担当する専門部隊を通じて、通常なら銀行融資の対象にならない赤字企業や少額の資金需要にも対応する。将来性がある企業を早い段階から囲い込み、グループ全体の取引につなげる。

これは資本制ローンや中小企業経営強化資金制度等と似たような資金繰り支援に近い。ベンチャーキャピタルのような

もっとみる

エンタメ産業とネット産業が融合出来ない大きな理由の一考察

エンタメ産業は関わる人が大量にいる。そのため、金銭的な享受を還元しないといけない先が沢山ある。作り手としてのプライドもあるので、それはどれだけ売れていてもいなくても凄く持っている。そのため、権利をきちんと主張しタダ見を防ぐ必要性がある。課金は大前提である。もしくはトリクルダウンを成立させるためには大資本の広告が必要だ。

■Googleは究極のインフォメディアリ

Googleは検索というカテゴリ

もっとみる

World War of digital streming music.

AWAとLINE MUSICを比較しているが、UI/UXはLINEの方がこなれている。かっこいいのはAWAなのは間違いない。LINE Musicは元々のLINEのUIにiTunesのUIを取り込んでいるので直感的に使える。

あと、Playlistの共有は今後の戦いなのだが、僕的に実装して欲しいのはカセットテープモード。

これは何かというと、昔録音に苦労した人たちならわかると思うが、emptyな

もっとみる

Exit環境が厳しい

投資家さん達が口をそろえて、IPO(上場)審査が厳しいので、Exit出来ないから海外でM&A狙うけど、日本企業のバリュエーションが利益ベースで換算されちゃうから高すぎて買ってくれないそうです。

いくつかの問題があるとは思いますが、

1:上場審査は厳しいが、そもそも公開企業になったらもっと厳しい監視をされる
2:利益を生まない会社は本質的には価値がない
3:たとえ今、利益を生まなくても、質の高い

もっとみる

Entertainment will die. but, ribirth to afterwards.

近いうちに日本のエンターテイメント文化みたいな所(視聴者側じゃなく作り手側)に外圧がおもいっきりやってきて、そっちに振り切れていない場合は、きっとやられちゃうと思うんですよ。

だから既にやっているじゃないかと、いろいろ業界の方は言われると思うんですけど、ガラケー→iPhoneみたいな流れがきっと来ると思います。音楽はサブスクリプションへの移行が比較的ソフトランディング出来たのはCDショックがあっ

もっとみる

普通のマーケティングとのかみ合わせ

なぜここまでマーケティングについて会話が噛み合わないかずっと考えていましたが、今までは大企業出身だからと思っていました。そうではなかった。そうではなかったのです。

私の最初の仕事は社会保険庁、最近世を賑わせている年金機構です。そういう組織がお客様ですから、常に国家規模で常に考えることを求められます。
よく勘違いされやすいのが、国家規模とはマスマーケティングのようなカバレッジも去ることながら、ペル

もっとみる

WWDCは死んだ

僕がSoftbankMobileでiPhoneの販売の技術サポートに携わっていたのは2010年までです。その後、GoogleApps for Business(現Work)の技術サポートに回ったので、ほとんど必要がなくなったため、夜なべしてWWDCすげー!をやる必要性がなくなりました。

「きっと、朝起きたら妖精さんが綺麗にまとめてくれているよ!」

僕はそう思いました。

そして、それは実現しま

もっとみる

何してるのかを、語ってみた

■何が起こるのか分からないから試した。

先日co-ba Library三周年でもPitchをさせていただきましたが、少し語りたいと思います。私が何を生み出そうとしているかというと、シナリオのテンプレート&ウィザードをオールインワンで提供しプロが使っているメソッドを一般開放したらどういう核融合が起こるんだろうか?という話です。

ストーリーと世界観とキャラを最小単位に分解しセマンテック(意味)化し

もっとみる

「未来を予測する最善の方法は、未来を創造することだ。」

The best way to predict the future is to create it.

これはアラン・ケイの

「未来を予測する最善の方法は、未来を発明することだ。」
“The best way to predict the future is to invent it.”

から取った、弊社の社是です。この言葉自体が好きだというよりも、最初に入った会社、日立製作所の和・誠・開拓

もっとみる

Google plusは死んだ

そんなの知ってるよ!とかのツッコミはなしです。

GooglePlusはこのPhotoが出たことで、どろろや摩陀羅並に体をちぎられたのです。今回のinboxを見てもわかりますが、GooglePlusのプロフィールからデータを持ってきてます。

つまり彼らはGooglePlusがなかった時代に戻り、そして、GooglePlusの失敗で学んだ事を各主要アプリに実装することでしょう。

そして何事もなか

もっとみる