メンバーブログ

2
ノート

【書評】『2050年の世界』『楽観主義者の未来予測』

「未来予測本」への愚痴

予言や未来予測と呼ばれる営み、とりわけ、破局の到来を告げるようなそれに、いったい何の価値があるのか。

「こんな未来を作ります」という決意表明や構想発表でもなければ、「こんな未来がいいな」という理想や願望の表現ですらなく、「現実主義者」を気取って、経済や環境の危機、さらには、人類や地球の滅亡を偉そうに説くだけの予想屋。しかも、予想的中によって名声を得る可能性はあるにしても

もっとみる
ありがとうございます。

【書評】コンピュータが小説を書く日——AI作家に「賞」は取れるか』

理系だけのAI研究はもう終わりにしよう

AIが小説を書いた?

AIの書いた小説が、星新一賞の一次審査を通過した———— そんなニュースが、去年の3月に話題になった。

それを聞いて思い浮かべたのは、AIが自分の意志で、《創作意欲》を持って、人間が書いているかのように物語を書いている光景である。

だが、そんなことが果たして可能なんだろうか? いくらAIがめざましく進歩している昨今でも、「創作」

もっとみる
僕らもあなたのこと好きですよ!