Xrosriver

Enrich your convey

, …

ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」28

約 8 分

ピクサー無料講座「ストーリーテリングの技法」日本語訳その28

カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」の日本語訳を公開いたします。

今回は、レッスン4「ストーリーストラクチャー」より、8つ目の動画Advice on visual languageの翻訳です。

これまでの翻訳はこちらです。

※本記事のキャプチャーはすべて、カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」レッスン4の8つ目の動画からのものです。また、カーン・アカデミーが掲載している米Pixar社の動画教育コンテンツに許可を得て翻訳し掲載しておりますが、Pixar社が本動画に正式な日本語訳を付与した場合にはそちらが正しいため、本コンテンツの掲載を取りやめる可能性があることをご理解ください。

視覚的な言語のアドバイス

[マイケル]私にとって、ストーリーボードを描きたいと思ったのがきっかけだと覚えています。だから、一度絵コンテをやりたいと思ってからは、映画のエンドクレジットを見て、そこに載っているみんなの名前を見たり、時にはネットで調べて質問したりしていましたが、本当にいい人ばかりで驚きました。


それをやっていてネガティブな経験をしたことはないと思います。
答えてくれないか、アドバイスをくれるかのどちらかだと思いますが、自分のやりたいことに強くコミットして、それを諦めずに、その分野では何であれ、常に自分を追い込み、挑戦し続けることだと思います。


[ダニエラ]あなたは、描き続けて。描き続けて、描き続けて、描き続けて。
映画を見るのもいいし、写真を見るのもいいし、他のアーティストを見るのもいいけど、私にとっては人生を見ることなの。私はスケッチブックを持ち歩いています。
素早くスケッチをします。メモを取ったり、時には絵を描かなくてもいいこともあります。それよりも、人を観察したり、瞬間を観察したりすることに重点を置いています。

サクッとスケッチをします。メモを取ったり、時には描かなくてもいいこともある。人を観察したり、瞬間を観察することに重点を置いています。

[スコット]形、線、質感(テクスチャ)について学んだことをすべて覚えておくの。それらがどのように機能するのかを知って、それを忘れるために力を抜いて、たくさんの速い絵、速い絵をたくさん描いて、失敗を恐れないようにすることを最善を尽くしてください。

最初のアイデアや最初のジェスチャーを出してみると、自然発生的に気に入ったものが見つかるかもしれないし、三角形をダイナミックな形にしたり、正方形をブロッキング要素にしたり、線のパターンを方向性のあるデバイスにしたりして、そのアイデアをフレーム化する方法について学んだ要素を使って考えてみるといいでしょう。

[アルバート]習っている道具を全部使って遊んでみてください。線、形、色で遊ぶが、ゲームの名前は、単に実験して楽しむことです。

うまくいかない構図で遊んでみて、失敗から学び、なぜうまくいかないのか、なぜ私が達成したいことを達成できないのかを考えてみてください。

[マイケル]私が課題を与えられたときは、まず台本のページを手に入れて、自分と監督、ストーリー担当者、通常は脚本家と一緒に台本を読み、メモを取ったり、質問をしたりして、その後に台本を読んでいきます。

私はたいていオフィスに戻って、目を閉じてしばらく座っていることが多いのですが、その時には、そのシーンがどのように見えるかをイメージします。

そこに車があって、ここに車があって、ここに車があって、ここに車のクローズアップがあって、これを台本全体を見終わるまでやって、その下に何を言っているのかが書かれた小さな四角い絵が1ページ分あるようにして、それを見て、これが自分の頭の中で描いたものかどうかを判断します。
それは、私がそれほど労力や時間をかけていないので、できるだけ早く見ることができ、どこに間違いがあるのか、どうすればいいのかを理解することができるからです。

だから、「これはここにしよう、これはここにしよう」とか、「これは前の方にしよう」とか、ストーリーボード作成のプロセスに移る前に言ってしまうこともあります。
シーンの構築に移る前のプランのようなものです。

[ダニエラ]今日ここで教えているこれらのツールについて考えるのに最適な方法は、ツールとして考えることだと思います。
これらのツールは、あなたが知っておかなければならないビジュアル・ストーリーテリングの基礎となるものです。
これはあなたの肉と芋のようなものです。
練習して、何度も何度も繰り返すことで、これらの使い方を学ばなければなりませんが、頭の中では、ストーリーを伝えようとしていることを心に留めておいてください。

ですから、ある意味では、トーンやパースペクティブを使う最良の方法は、自分が何を言おうとしているのかを自問自答することであり、それがこれらのツールのうちどれを使えばいいのか、どのように使えばいいのかを知るのに役立ちます。

[マイケル]インターンシップの時、私は本当に恥ずかしがり屋で、グループ全員の前で棒を持ってボードの上に板書を投げなければならなかったのを覚えています。

どうしたんだ、なぜ立ち上がって演じることができないんだ?
彼が気づかせてくれたんだと思うよ、ピッチングをしている時、そして観客の前にいる時、観客は君に注目していないんだ。
それよりも仕事の方が大事なんだ。

ピッチの前には、廊下に出て大音量の音楽を聴きながらジャンピングジャックなどをして、部屋に入ると、「誰が先に行きたいか」と聞かれて、私は後ろにいて手を挙げると、彼は「そうだ、マイク、行け」と言ってくれました。
だから、いつも本当に助かっています。
ありがとう、ボビー

用語集:視覚言語

このレッスンで紹介した定義をまとめてみました。

ビートボード:物語の拍子を捉え、重要な物語のポイントを伝えることを目的としている
色:雰囲気や感情を作り出し、イメージの異なる部分を強調することによって目を誘導するために使用
補色:カラーホイール上で対極にある色
構成:空間内の視覚的な要素の構成
コンセプトアート:映画の重要な瞬間を捉えますが、アートは通常より洗練され、フルカラーで行われ、映画の各シーケンスで光と色がどのように使用されるかを表現することを意図しています。
コントラスト:隣り合う光と闇の価値観の違い
対照的な色:カラーホイール上で最も離れている色
線:2点間の距離または移動点の経路にまたがるマークで、太さ、方向、長さを持つもの。
直線的遠近法:線やオブジェクトを配置し、重さや大きさを調整することで、空間や奥行きの錯覚を与える
行動線: キャラクターの背骨に沿って走る架空の線で、その動きの力と動きを示します。
モーションライン:動きの経路に沿ってオブジェクトから伸び、動いているように見えるようにします。
形状:オブジェクトの形状を構成する二次元、囲まれた領域
シルエット:オブジェクトや文字の輪郭を埋めたもの
スピードライン:ストーリーボーディングで動きを示す簡単な方法
ストーリーボード:アニメーションが始まる前に映画を視覚化するために、映画のフレームを表すクイックドローイングをまとめて順番に再生します。
テンションポイント:ダークとライトの値が出会い、目が引かれるこのエネルギーを生み出すポイント
トーン:シェーディングとも呼ばれ、シーン内のすべての要素の明暗を調整して、観客の目を誘導し、特定のムードを作り出します。
消失点: 後退する平行線が収束するか、または消えるように見える地平線上の点。
視覚的に類似した色:カラーホイール上で互いに近い色

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。