Xrosriver

Enrich your convey

, …

ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」25

約 7 分

ピクサー無料講座「ストーリーテリングの技法」日本語訳その25

カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」の日本語訳を公開いたします。

今回は、レッスン4「ストーリーストラクチャー」より、5つ目の動画Motionの翻訳です。

これまでの翻訳はこちらです。

レッスン1

レッスン2

レッスン3

レッスン4

※本記事のキャプチャーはすべて、カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」レッスン4の5つ目の動画からのものです。また、カーン・アカデミーが掲載している米Pixar社の動画教育コンテンツに許可を得て翻訳し掲載しておりますが、Pixar社が本動画に正式な日本語訳を付与した場合にはそちらが正しいため、本コンテンツの掲載を取りやめる可能性があることをご理解ください。

[ボビー]運動が明らかに映画の重要な部分です。しかしながら、ストーリーボードやコンセプトアートが静止画なので、ストーリーを語るに役立つになるには運動をそれとなく示す必要があります。このビデオでは二つの特別手法、効果線と作用線を中心に静止画に運動の錯視を創り出す方法に見ます。

動いているように見せるため、効果線が物の移動経路 に沿って 伸びます。レーストラック上の車を描いているなら、こんなふうに線を追加するかもしれません。作用線は少し違います。その瞬間にある力と動作を示す、キャラクターの脊椎の下方へする仮想線として考えてください。この線でキャラクターのポーズを導くことで動作を表現します。場合によっては他のものも使います。

ご覧ください。静止画像なのに動作を感じるに注目します。運動を念頭に置いて、『カールじいさんの空飛ぶ家』の ストーリーボードやコンセプトアートを見みましょう。

[スコット]前に見ていた『カールじいさんの空飛ぶ家』のパネルでは、初めて都会を通り抜けて飛ぶ家を見ます。普段私たちの世界に自動的に動かない静的な形なのに、この構造に多くのことで、この家に動作を示して、それを感じるに役立ちます。

風船の扇形を上に広がる方向性が家を上向きに引っ張るに役立ちます。上向き三角のある家自体の形が家を上昇するに役立ちます。背景にあるフレーミング技術も実はパネル中に家を動かすことに役立ちます。木が中から大木サイズになると、前の方に目が移ります。

[マイケル]そして家を見ると、正確に垂直ではなく、ちょっとゆがんでいるので、 周りと違うことが見せます。なぜなら、飛んでいるということと、家自体がキャラクターのようであるから、上方向と右へ動いていることがわずかに読み取れます。

[アルバート]エリーになんか実験している楽しいことを一つのが、見ての通り、がっしりと両手を腰に当てて、足が地に着いているように描いているのに、彼女のエネルギーが上向きに感じるようにしたかったのです。

だから、ある程度上向きのこのカーブを使いました。多少もっと四角くなって、もっとしゃがみこんでいるカールと対照を成すと思いました。

視聴者が、彼にただ年が課される代価を取ったように感じてもらいたかったんです。カールがちょっと気難しい老人になって、今重荷を背負っていて、ある程度閉じ込められて、全く床に固定されています。

[マイケル]とてもシンプルなので、このイメージの運動が本当に好きです。

非常に簡単なことですが、たまに過度に複雑になります。マックイーンに見てみると、ここタイヤがやや斜めのが見えます。それで彼が右に傾いているようです。そしてここの最下層です。そして相対的な作用線がそちらに向いている斜線です。そして、ここ奥にあるこの車のラインもその方向になっています。それで実際に空間に前進しているみたいです。同じに速度線がストーリーボードを描いているときにいつも運動を示すの手早く簡単な方法です。

それからこちら奥にある車を見てみると、彼がここ他の二人よりちょっと遅いです。彼が今他に比べて競合に遅れている。彼が競争を観察していて、起こっていることをみて、彼らの競い合いを楽しんでいるのようです。だから、彼を見てみて、彼の作用線が縦線に近いです。例えば、タイヤでさえとても真っすぐで、彼らがここでの行動と本当に対照的です。

[ダニエラ] こちらの『メリダとおそろしの森』一連の画像が素晴らしいです。

キャラクターデザイナーはクマになる途端の母熊がどう動くかを模索していました。もちろん、女だった、今どれほど大きいになっているのかわかっていません。彼女が巨大な熊です。私たちはキャラクターを作成するにこれが大切だ、この作用線、キャラクターの上から下に通る直通線です。キャラクターの身振りやどのような運動をするかを表現する線です。母熊はまだ優雅ではなくて、体に何をしたらよいのか分からないようです。動き方が分からなくて、ちょっとバランスが崩れています。なお、母熊が動くに慣れる少し後で、とても優雅になります。

これらの画像を見るとまさに母熊の体に通るこの美しい作用線 が見えます。とても優雅なふうに動いているようです。そして、こちらの画像に見えるそのような設計の簡潔さが本当に好きです。

[ボビー]先に見たように、動画と静止画にも運動感覚を作り出すことができます。

(そうするには、)私たちの線の方向と質、そしてフレーム内のものやキャラクターのポーズについて考えることです。次のエクササイズでは、運動をさらに深く探る機会があります。

Activity 4: Movement

Illustration of two cars racing, one behind the other, with lines indicating their movement forward.
Six illustrations of a rat in different body positions.

パートA:上記の画像にどのような運動(効果線又は作用線)が表現されていますか?両方に運動感覚を得るために線の役割を比べましょう。

パートB:
・一枚の紙に、簡単な形の速度や方向を示す効果線を描いてみましょう。(例えば、バウンドするボール)
・お気に入りの3本の映画の一つから、運動を示すフレームを探しましょう。一枚の紙に、画像に運動感覚を与える作用線または効果線を速やかにスケッチしましょう。

パートC:
・あなたのストーリーからのキャラクターをいろんな運動を行っている形に描きましょう。各ポーズを導くために作用線を使いましょう。
・あなたのストーリーから運動の多いシーンを生み出すため、シーンをキャラクターに作用線と効果線を合わせましょう。線と形の使いに遠慮しないで!