Xrosriver

To infinity and beyond, a yelling for the future of story.

ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」22

約 8 分

ピクサー無料講座「ストーリーテリングの技法」日本語訳その22

カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」の日本語訳を公開いたします。

今回は、レッスン4「ストーリーストラクチャー」より、2つ目の動画「Visual language」の翻訳です。

これまでの翻訳はこちらです。

レッスン1

レッスン2

レッスン3

レッスン4

※本記事のキャプチャーはすべて、カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」レッスン4の1つ目の動画からのものです。また、カーン・アカデミーが掲載している米Pixar社の動画教育コンテンツに許可を得て翻訳し掲載しておりますが、Pixar社が本動画に正式な日本語訳を付与した場合にはそちらが正しいため、本コンテンツの掲載を取りやめる可能性があることをご理解ください。

皆さん、こんにちは。わたしは、ピクサーのストーリー・アーティストを務めるボビー・ルビオです。

では、こういうふうにします。私は構図の基礎についてのことを教えます。構図がシーンにある視覚要素の構成です。ストーリに意味を伝えたり、感情を示すに、線、形、余白、トーン、動作、色などのような視覚要素の使い方に焦点を合わせます。そして、今日私は両方アートとストーリー部門の仲間に協力してもらいます。

こんにちは、私の名前はスコット・モースです。ストーリーアーティストをしています。

私はアルバート・ロザノです。キャラクターアートダイレクターです。

私はマイケル・イエーツです。ストーリーアーティストをしています。

私の名前はダニエラ・ストリジュレバです。ここピクサーで製造デザイナーをしています。

[ボビー]このレッスンを通して、アートとストーリー部門が使ういくつかの異なるイメージを見ます。ストーリーボード、ビートボード、とコンセプトアート。ストーリーボード映画のフレームの一つを表す素描です。手が込んだコンピューターグラフィックスをやり始まる前に映画を思い描くために、ストーリーボードを合わせて、順序で再生します。ビートボード前回のレッスンに話した、映画にあるビーツという鍵となるような瞬間を記録する、重要なストーリー点を伝えるためです。コンセプトアートも鍵となるような瞬間を記録しますが、このアートは普通にもっと完成されて、フルカラーで、映画の各一連に光と色の使い方を示すためです。始めるにあたって、『カールじいさんの空飛ぶ家』の映画の最終フレームを見て、意味と感情を伝えらるには構図がどうやって使われているのかを考えましょう。

[ダニエラ]こちらの、『カールじいさんの空飛ぶ家』のイメージですが、今まで、カールとエリーが二人で過ごした人生を表現するモンタージュを見ました。二人は幸せな結婚生活があって、この構図がそれなりに見せてくれます。

[マイケル]キャラクターと親しくなるように本当に近くに押します。白い窓があって、それも近くに押すよう、彼が見ているところに目を向けさせます。それはエリーに。そして、彼女の頭を見て、頭が向いているところに、それはすぐに彼の方、それでここの中心の点に近くに見るようにさせます。

[アルバート]キャラクター二人の目ががお互いの見ていると、お互いに生み出すエネルギーががあるから、あなたの目も自然に彼ら二人の目をじっと見詰めている様子にひかれます。他の情報のすべてが二次的になります。本当に二人の熟視に見詰めるようにします。

[スコット]私たちはもう少しカールに重点を置く、彼がエリーが体験しようとしていることにどう感じているかについて考えます。そして、ここでなぜエリーがそんなに楽観的だろうかを関心を持つでしょう。

[ボビー]それで構図を話している時にどうなっているのかはいろいろがあるのが見られます。線に異なる性質があるため、たぶん思っている以上に線にできることがあります。例えば、線の向きを変えることができます。どちらの方面に向かっていますか?線の重さも変えられます。太いか細いか?形も変化させるし、描くときに筆圧も調整できます。そして、こういう素質を意味を表すに使えます。緊張している線を描きたかったら、「こう」するかもしれません。怒ってる線がこういうふうに見えるかもしれないし、落ち着いた気持ちを生み出したかったら、こうします。

映画にキャラクターや環境を描くときに同じ原則を使います。

映[男の人]ここでアーチストにこのボードで選ばれた線がよくこのキャラクターに自然な遊び心を表すことに貢献します。彼らがまだ気持ちは若いことが見られます。まだまだある程度なんかのエネルギーがあることがわかります。。

[男の人]この絵を描いたダニエルロペス氏はよく使って、絵筆とこの振動している色調を線に使い、窓に上下に動かしました。窓の下枠に振動している線が見えて、そのような振動がただ外にあるエネルギーを象徴します。カールがエリーに見詰めているが、彼女は窓の外にまだ見ているのようです。彼女がカールにまだ外で人生にたくさんがあるということ伝えるところです。得られる冒険がある、きっと。病気で寝込んでいるのに。

[スコット]カーズ3からこの絵に、少し異なる方法で線が使われていますが、キャラクターに見ると、この絵にライトニングに見ると、彼の線がとても荒っぽいなのに、動いている感覚と混乱している気持ちが伝わります。実は不安を感じていて、もっと頑張っていて、そして自分の心で間違いをしているでしょう。私たちは十中八九彼をバランスの崩れと、ちょっと集中力が切れていると感じてほしかったでした。二重にしている線、三重にしている線を見ます。これがあるため、最初にライトニングに見ます。彼の周りにどんなにエネルギーが起こっていることに見て、振動の感覚と運動覚になります。

[ダニエラ]このメリダの絵が本当に好きです。なぜなら、彼女の性格を考えれば、この絵を見ると、髪の毛の描き方だけで、彼女は封じ込めることはできないキャラクターだとわかります。彼女はなんか自由を求めているが、ストリーが知らなくても、彼女はちょっとぐれた人、ちょっとおとなしくさせにくくて、世の中に自分ほ道を探している人であることがわかります。だから私にこれらがすべて髪の毛が描いた方法だけでわかるのがそれをよく表現します。

[アルバート]そうですね、取り組むことができる面白いことを一つのがインサイドヘッドにある抽象的思考シーケンスでした。簡単に言ってしまえば、キャラクターをただ線に変えます。それで、もしもあなたが三つのキャラクターで、あなたたちが線に変えられたら、手掛かがりは何でしょうか。各キャラクターがどうなっているかを伝えるため、残っている手掛かりは何でしょうか。だから、私たちは色とともに線に頼ることを決めました。線に色ができますが、私たちが、じゃ、線に動作があったら、面白いじゃないですかーと思って、楽しい課題で、この線を動かして、もしかしたら各線が特定の方法に動けると、キャラクターの性格に関連すると決めました。で、悲しい線はどう動きますか?悲しい線はどう彩色されますか?さて、嬉しい線はどう動くかということも考えて、喜んでいる線だったら、どう動く回りますか?映画にそんなに注目しないけど、このような課題に取り組むのが楽しかったです。たぶんほんの一瞬の間に気づきますが、各線には自分の個性があります。

[ボビー]ということはただ筆先でフレームに世界を築いて、命を吹き込んで、そしてさらにその世界の感情を表現できます。

次のエクササイズでは、線の向き、重さ、形と筆圧について考えましょう。そして、写実的に描けるかどうかご心配なく、このレッスンは詳細な絵、または良いものについてではありません。スケッチ(写生)はキャラクターまたはシーンの本質をとらえる迅速な表現する絵を作ることです。なので、肩の力を抜いて楽しんでください。