Blog

5Gだからコンテンツが変わるわけじゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5Gだからコンテンツの中身が変わるかというと、変わらないと思っています。むしろ、5Gになることでリッチコンテンツのモビリティが変わるだけかなと思います。5G搭載型VR装置とかが当たり前になるだろうし、無線技術のキモはモビリティ。車の中でリッチコンテンツが見れるとか、ここに衛星通信技術が組合せられれば全地球規模でアクセスルートが変わってきて、本当の常時接続が実現すると思います。

従来の手法にもっと着目する

5Gになることで、360度のリアルタイム映像が流れるということですが、結局そういったリッチコンテンツの自由度が変わるということで、作り手側は今まで以上に作り込む必要が出てきてしまうのですが、本質は虚構なので、如何に嘘で見せるかは変わらないと思うんですね。

これは、こないだもサンジゲン社の松浦社長とお話した時に教えていただいていて、3GCGがどれだけすごくても、見せ方が下手だと面白くない。エンターテイメントの本質は虚構なのだから従来からのアニメーションの技法を活用したことで面白くなったと。

ということは、従来からの技術は失われず、むしろ最新テクノロジーと融合していくことで、この5Gの技術がより映えるのだと思うんです。

リアルタイムエンターテイメントに恩恵がある

たしかに、スポーツや演劇、ライブ等のリアルエンターテイメントは確かに5Gのおかげで変わるでしょう。見えないところが見えるということは、当然のような付加価値になります。

しかし、それが当たり前になると、人はより多くの欲求に向き始めてしまうため、結局は5Gすらすぐに食い尽くされてしまうでしょう。であるならば、通信速度や通信の仕組みというインフラがすべてを変えることはなく、渋滞緩和程度の効果しかないと思います。

本質に迫ろう

それよりも、コンテツの本質をどれだけ捉えるのかが大切で、人間は紀元前からエンターテイメントの作り方を根本的には変えていないのですから、もう一度立ち返ってみる必要があるのではないでしょか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。