Blog

売るのはマーケティング、継続はストーリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ストーリーが必要なのはサステイナブル

ストーリーの話をしていると、売るのとは違うとよく言われます。

どうやって読ませるんだ!とか、ストーリーを感じさせることの難しさみたいな、嘆きを聞くことがが多いです。

それはそうなんですね、ストーリーは伝えるものであって、路面店の前に立ってチラシを配るような効果はありません。殆どの人はチラシをどうしたら効率的に配れるのか?みたいなところに集中しがちですし、それはそれで重要だったりします。興味を持ってもらえなければ、深い話は聞いてもらえません。

だから、広告プランナーたちは日々頭を悩まさせるわけですし、地方のチラシには「激安!」「○○セール!」「大安吉日」みたいなものが並ぶわけです。これは悪いことではありません。実際に、ユニクロ社のチラシは未だに柳井社長がチェックし、美しさだけを追求しない作りになっています。

マーケティングではインプレッションをどう取るか、その次にCTAをどう取るかはとても重要な項目です。お客様が殺到する店(or Webサイト)にならないといけません。その次にようやく、そのお客様にファンになっていただいて継続して来ていただけるのかになります。ここで活躍しだすのがストーリーというわけです。

ですから、短期的な集客や売上には中々効果は出ないと思いますが、次のフェーズのお客様に役立つのが深く知っていただくことであり、それがストーリーというわけです。つまり、サステイナブル(継続的)なお客様を作るために必要なのがストーリーだということです。ここまでは、結構誰でもわかっているかなと思います。だから、リアル店舗でも、こだわりの一品について質問がでたら、作り手の創意工夫話をきちんと説明してあげることが重要となります。その時に、ただなんとなく説明するのではなくて、話の波を意識することが大切です。

そして、この波を意識するために使うのが、StoryAIということになります。

今までこの分野は人間の手で、あーでもないこーでもないとやってきたことでしたが、それを出来れば人数を減らして、少数精鋭で効率よく作れたらかなりいいですよね?そのためにはAIアシスタントみたいなものがあったほうが良いわけです。

もちろん、たくさんの人間を掛けて、よらば文殊の知恵にしてもいいと思うんですが、どうしてもコストがかかります。コストがたくさんある中でやるなら良いだろうし、毎週毎週アウトプットするもので企画会議で適当にやるぐらいなら、きちんとした裏付けがほしいというのがあると思います。

そういうときにこそ、StoryAiを上手く使うことで、BASIC SIX Shapesに近づけることで、時間を大幅に短縮できるだろうと考えています。型にはめて考える癖を日本人はもっと持つべきで、型がないのに売れるものも売れないと思いますし、そこは経験と勘から、アカデミズムにシフトしていくべきです。

堀江貴文さんが、寿司職人はすしアカデミーにで炎上しましたが、似たような話です。伝統の味を守る必要もないのならば、基本の方を学んで早くプロとして出た方がいいし、そのために汎用化されていないたまたま当たっただけの人のアシスタントみたいな働き方よりも、アカデミズムに裏付けされた再現性のある理論をきちんと学んだ上で自分の型を身に着けていくほうがずっと良いと思っています。

その役割がStoryAiだと信じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*