Blog

ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ピクサー無料講座「ストーリーテリングの技法」日本語訳その12

カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」の日本語訳を公開いたします。

今回は、レッスン2「キャラクター」より、6つ目の動画「ステーク」「アクティビティ5」の翻訳です。

これまでの翻訳はこちらです。

レッスン1

レッスン2

※本記事のキャプチャーはすべて、カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」レッスン2の6つ目の動画「ステーク」「アクティビティ5」からのものです。また、カーン・アカデミーが掲載している米Pixar社の動画教育コンテンツに許可を得て翻訳し掲載しておりますが、Pixar社が本動画に正式な日本語訳を付与した場合にはそちらが正しいため、本コンテンツの掲載を取りやめる可能性があることをご理解ください。

動画6:ステーク

(ローマン)これまでいくつかのビデオで、キャラクターが直面しそうな障害について考えました。それは、キャラクターに選択を行わせ、アークをたどらせるものです。キャラクターが行なうそれぞれの選択には、潜在的なリスクや影響、報酬が伴います。これは、ステークと呼ばれます。

【ステークについて、どうお考えですか?】

(スマイス)ストーリーのステークは、「どうして私たちは気にするのか」という、ひとつの質問に要約できます。「どうして私は、ニモと父親が再会できるかどうか心配するのだろう?」

(マディソン)もしキャラクターが失敗すれば、そこには危険があるということです。ステークが低ければ、それはたいてい、あまり面白い映画ではありません。一方、ステークが高ければ高いほど、緊張度が増して楽しめるものになります。わたしの一番のお気に入りである『ジュラシック・パーク』のステークは、とても高いです。もし失敗すれば恐竜に食べられてしまいます。とてもわかりやすいですね。

(デル・カーメン)観客のあなたは、そのようなステークによって引きつけられなければなりません。「これからどうなっていくんだろう。」

(コービン)アークのはじめでは、おそらく、ステークはそこまで大きいものには見えないでしょう。ストーリーの進展とともに、ステークも上がっていきます。

(マディソン)私たちは、「どれくらい大きなステークが必要か」ということを、何度も話し合います。「生きるか死ぬか」でなければならないか?それとも、コメディ作品に対して求めるように、キャラクターの評判や、もっとたいしたことのないもののほうがよいのだろうか。そうすれば、重過ぎる作品にならずにすみます。

重要なのは、キャラクターにとって、それが世界そのもののように感じられるようにすることです。たとえ、それがただのタレントショーであっても、キャラクターにとってそのタレントショーがすべてであることを、観客に示そうとするでしょう。私たちはみな、『ナポレオン・ダイナマイト』のエンディングまでに、ナポレオン・ダイナマイトにショーで勝って誰からも受け入れられるようになってほしいと願うと思います。

(スマイス)キャラクターに起こることはなんでも、感情的なつながりを感じるために非常に重要だと思います。それが感じられなければ、キャラクターはそこにいません。

(ローマン)ステークは、選択にドラマと重みを加えます。ステークは3つのカテゴリーに分けられます。

内的ステークと外的ステーク、そして、哲学的ステークです。これについても、ストーリー・アーティストたちに聞いてみましょう。

【外的ステークとは何ですか?】

(マディソン)外的ステークは、文字通り、その世界で起きていることです。迷っているのか? 強盗に追われているのか? 失敗したら、キャラクターや世界に、物理的に何が起こるのだろうか?

(ローマン)『メリダとおそろしの森』に、外的ステークのすばらしい例があります。メリダが魔女の作ったケーキを母親にあげたせいで、母親は熊になってしまいます。これは、メリダの選択の直接的・物理的な結果で、キャラクターにもストーリー自体にも影響を及ぼします。

そして、もしメリダが魔女の魔法を解くことができなかったら、母親は完全に熊になってしまい、永遠に失われてしまいます。

【内的ステークとは何ですか?】

(スマイス)内的ステークは、ふつう、心理的なものです。感情的、あるいは心理的に、キャラクターに何が起こっているのだろうか? キャラクターは何を失う可能性があるのか? キャラクターは何を得る可能性があるだろうか? なぜあれを手に入れることが重要なのだろうか? なぜ、あれを失ったら、悲しいことや難しいことになるのだろうか?こういった質問をすることは、ステークの本質を明らかにするのに役立つでしょう。

(ローマン)内的ステークの好例が、『トイ・ストーリー』にあります。映画全体を通じて、ウッディは、自分の不安やプライドに向き合い、バズと友達として受け入れ、アンディの関心を共有できるようになることを強いられます。ウッディにとっての内的ステークとは、他のおもちゃとの関係、そして、自意識との関係です。

【哲学的ステークとは何ですか?】

(スマイス)哲学的ステークは、世界に影響を与えるものです。この世界の価値観や信念体系を変えてしまうのは何か? それとも、変わらないのか。変わること、あるいは、変わらないことは、どういう意味を持つのか?  哲学的ステークについては、『ロード・オブ・ザ・リング』がすばらしい例だと思います。もしフロドが指輪を火の中に投げ込まなければ、中つ国は、永遠に悪に支配されることになります。

(デル・カーメン)考えや思想、善と悪との間の戦いがある映画を見ることがあると思いますが、こういった類のものが、哲学的ステークです。

(ローマン)それでは、まとめましょう。外的ステークは、選択や行動が及ぼしうる物理的な影響のことです。内的ステークは、選択の心理的・感情的な結果です。そして、哲学的ステークは、「ストーリーの基礎をなす考えや価値観は何か?」というものです。

内的ステークと外的ステーク、哲学的ステークのあいだの区別は、複雑なものです。なので、最後のエクササイズでは、好きな映画を使って、ステークについて考える練習をしてみましょう。

アクティビティ5

エクササイズ5:ステーク

パートA:お気に入りの3本の映画の主人公に戻りましょう。

  • ステークが高い場面で、キャラクターが取らねばならなかった重要なひとつの選択は何ですか?
  • ステークは何ですか?
  • そのステークは、内的なものか、外的なものか、哲学的なものか、分類できますか?

パートB:あなたが人生でしなければならなかった困難な選択について考えましょう。なにがステークでしたか?

パートC:前回のエクササイズで考えた、自分のキャラクターが直面しそうな障害に戻りましょう。この障害がキャラクターに迫る選択について考えましょう。以下の質問に答えてください。

  • この選択のステークになりそうなものは何ですか?
  • この選択にふさわしい内的ステークか外的ステーク、または、哲学的ステークを思いつきますか?

ficta onlineは、ストーリーロジックをテクノロジー化した、世界でも類を見ない最新のサーヴィスです。

これを機に、あなたの「やりたい」を「できた!」に変えましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る