Blog

社長として考え方を変えたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ここ最近、ブログの更新をしておりませんでしたが、これは仕事へのスタンスを変えるタイミングでしたので、様々なことを考えておりました。

心持ちを変えたというのが大きなところです。

特に何を変えたのかというと、そもそもの会社を辞めて独立した意味をもう一度考えなおしたというのが大きいです。

B2BでいくのかB2Cでいくのか。

自分が達成したい夢を叶えるには協力頂ける仲間がいるが、先立つモノが無い、どうすればいいか。

自分のアイディアが世の中へインパクトを与えられるのかどうか。

人の意見に振り回されていなかったか、等です。

本当はもっともっとあります。

その中でも、社長として考え方を変えたのは人の意見への捉え方です。

人の意見を聞いてそのまま実行するも良し、しないも良しとこれまではやって来ました。

ですが、これではダメなのです。

判断するのは私です。

人の意見をそのまま鵜呑みにしてはいけないのです。

人の意見は聞くものです。

それはユーザの声そのものだったり、メンターの声だったりしますが、判断するのは私なのです。

これまでは単純に聞いて鵜呑みにして行動してきました。

これが謙虚だと思ってきました。

それは少し違ったというのがこの半年の思いです。

人の話は当然聞きます。ですが、様々な角度で考えることが必要だったのです。

私は考えていませんでした。

ですので、ここ最近は自分の意志というもの、自分の意見というものを大切にしています。

時には軋轢も出ます。

ですが、ここの鬩ぎ合いを乗り越えた先にこそ良い物が生まれると思いました。

そのためにはもっと力をつける必要がありますし、夢を実現させるための仲間やアドバイザーが必要です。

今は仲間集めを重点的にやり始めました。

躊躇していてはダメなのです。

先日、Fenox Venture Capitalのアニスさんの前で5分間のPitchをやらせて頂きました。

TOKYO GLOBAL PITCH [トーキョー グローバル ピッチ]

約1年ぶりにPitchというものをやったのですが、プレゼン自体は評価して頂きました。ようやくスタートラインに立つことが出来たいのかなと思いました。

自分としては自信がとにかくなかったので、これをきっかけに自信を取り戻したというのが本音です。

ここからが本番です。

また、やりたいことを達成するためには当然、合同会社では無理です。他人資本を大量に受け入れる必要があります。そのため、現在、株式会社化を進めています。

これにより、資本構成が柔軟になります。

株式会社の素晴らしい所はレバレッジであり、将来価値を評価してもらえるかどうかにありますが、見えない未来を共に歩み、未来をつくるという考え方に賛同して頂けるのであれば非常に重要だと思います。

また、クロスリバーという会社名で現在やっておりますが、プロダクト名も含めてこれから入って頂ける方と共に考え直す事も可能です。

私が立ちあげなおそうとしているのはPENDONAというサービスです。

これはインターネット時代のコンテンツプラットフォームの再構築を目指しています。

PS2の世界からDSやWiiのように専門性の高く参入障壁の高い市場を低くし、様々な人が創作できる環境を世界基準でつくりあげたいというのがあります。

既にそんな世界にはなっていると言うかもしれませんが、私はまだなっていないと思います。

だからといって専門性を否定しているわけではなく、裾野の拡大が重要である、と言うことなのです。

誰しもが考えることかもしれませんが、とにかく私は自分の立てた仮説を検証してみたいし、きっとそこには素晴らしいユーザ達がいると思っています。

与えられる時代から与える時代へ変わりつつあります。

そこをもっとサポート出来る世の中にしたいのです。

ということで、金も仲間もありませんが、興味のある方は、Wantedlyまでご連絡下さい。

よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る