寿司屋の下積みが必要なワケが分かった

なんで寿司屋が下積みを大事にさせるのか、なんとなくだけどわかった気がする。失敗の許容と言うか顧客との向き合い方というか。「覚悟」をつけさせるためなんだよね。その品質で食べさせるための。

食べるというのはお腹を満たす行為だけじゃなく、雰囲気を食べることなんだと思う。

だから、そこに立つための準備という意味が多分に含まれている。完全な新規出店させる話とは違う。

新規出店させるならそれは彼がオーナーだから自由にやって良い。でも、長年やっている店はそういう訳にはいかない。のれん分けだって、味の継承や雰囲気の継承が重要になってくる。

そこが完全にぶっ飛ばされて、すしアカデミーの話に繋がっちゃうわけだからちょっと違うよね、と。

1000円カットだってそう。店舗ビジネスは基本ファンづくりだから、画一化されたそれとはまた違う、文化づくり。これからは全てにおいてそういう独特なものが重要視されてくる時代じゃないかな。

誰にでも、何者かになれる瞬間を演出する時が重要なんだよね。